牛の教え ひたむきに生きる

¥1,980

≪新刊≫
家畜に親しむ食育絵本①

≪全国学校図書館協議会選定図書≫

監修・指導:栗本まさ子・田中誠也・寺岡弘文・前田匡彦
企画・編著:藤原勝子(食生活ジャーナリスト)

A4判・上製・36ページ
定価 1,980円(本体1,800円+税10%)
ISBN 978-4-906182-07-7
2022年6月発行

説明

共に暮らし、認め合いながら、信頼関係を築いてきた人間と家畜。
私たち人間の生活を支えてきた家畜たちのエピソードの一つ一つが「自分ごと」としてつながっていきます。

シリーズ1巻目では、家畜の中でもとくに大きい牛の魅力に迫ります。
家畜の歴史から生態、性格、地球環境問題にいたるまで話題は広いですが、親しみやすいイラストとわかりやすい解説で、子どもから大人までいっしょに楽しめます。SDGsや調べ学習にもおすすめです。

本書では、すべての漢字にふりがなをふり、巻末には用語解説も加えました。

ボーッとしてない目・耳・鼻


●目次
生存競争のチャンピオンになれた牛の歩み …… 4
牛が家畜になれたわけ …… 6
大き~い! 食べる量も出す量もスゴイ! …… 8
上の前歯がない牛。どうやって草を食べるの? …… 10
草だけで生きられる反芻のヒミツ …… 12
より速く走るために、指を2本にした …… 14
ボーッとしてない目・耳・鼻 …… 16
子牛を生まなければ乳は出ない …… 18
緑色の草→赤い血液→白い牛乳になる不思議 …… 20
みんな白い乳。だけど、ちょっとずつ違う …… 22
牛肉を食べても牛にならないのはなぜ? …… 24
牛と酪農家の一日誌上体験 …… 26
牛の気持ちもいろいろ …… 28
家畜と地球温暖化について① …… 30
家畜と地球温暖化について② …… 32
用語解説 …… 34


監修・指導
栗本まさ子(公益財団法人日本乳業技術協会代表理事、元農林水産省・内閣府、獣医師)
田中誠也(一般社団法人日本草地畜産種子協会)
寺岡弘文(東京医科歯科大学名誉教授、理学博士)
前田匡彦(しののめファーム代表)

イラスト  生田裕人 牛川いぬお エダりつこ 城谷英男 向カテリーナ

こちらもおすすめ…