3段式バランス献立ブックの始まり

組み合わせ自由 3段式 保育園の給食献立

組み合わせ自由 3段式 保育園の給食献立』がおかげさまで重版(3刷)となりました。
育ち盛りの子どもたちに、おいしくてバランスのとれた献立が、組み合わせ自由で簡単にできるとあって、園やご家庭で人気を集めています。

組み合わせ自由 3段式 保育園の給食献立
『組み合わせ自由 3段式 保育園の給食献立』
見開き
見開き

群羊社のオリジナル、3段式献立ブックは、上・中・下の3段にカットされたユニークな料理本で、おそらく日本では、1991年に群羊社が出版したのが最初。

3段にカットされた本は、外国では時々見られ、国内でも絵本形式のものがありました(発行後にわかったことですが)。
デザート・飲み物などに分類されただけの外国の3段式本に比べ、元祖3段式献立ブックは、主食・主菜・副菜に分類された3段の料理群から好きな料理を選んで組み合わせるだけで、栄養バランスのとれた、昔ながらの一汁二菜、もしくは一汁三菜の献立が同一誌面上にできるのが特長です。順列組み合わせで膨大な組み合わせ数になることも魅力。

このアイデアには伏線があり、別のダイエット本で実験ずみでした。ダイエット本は、エネルギーと栄養素バランスをキープする必要上、お仕着せの献立が多く、利用者にとってはつらいものでした。
組み合わせ自由だと、ゆるやかですが、エネルギーや栄養素バランスを保ちながら、読者の実状に合わせて選べるのが大変好評でした。
しかし、このときはまだ同じ誌面上で組み合わせができず、ちょっと不便でした。
「同一誌面上で組み合わせができないか?」とあれこれ考えているうちに、たどりついたのが元祖3段式のシステム。

そして、1991年11月20日、ついに日本で最初の『組み合わせ自由・簡単おかずでおいしい献立』(料理:久松育子、撮影:佐伯義勝)が誕生。
その後も、②『やせたい人のバランス献立』(宗像伸子)、③『おべんとうのシステムおかず』(小林カツ代)をはじめ、鈴木登紀子さん、有元葉子さん、周富徳さんなど、人気料理研究家にご登壇いただき、シリーズで7巻を発行しました(現在は一部を除き絶版)。

簡単おかずでおいしい献立
組み合せ自由①
簡単おかずでおいしい献立
やせたい人のバランス献立
組み合せ自由②
やせたい人のバランス献立
おべんとうのシステムおかず
組み合せ自由③
おべんとうのシステムおかず
お通し・おつまみ・ご飯もの
組み合せ自由④
お通し・おつまみ・ご飯もの
魚と野菜で和食のごちそう
組み合せ自由⑦
魚と野菜で和食のごちそう
選べて簡単!中華の献立
組み合せ自由⑤
選べて簡単!中華の献立
新・おふくろの味で簡単献立
組み合せ自由⑥
新・おふくろの味で簡単献立

このシリーズは大きな反響を呼び、弱小出版にもかかわらず、書店の料理書棚での反応もすこぶる良く、当時の料理編集者なら知らない人はいないほどの存在感となりました。

発刊の前に実用新案を申請しましたがかなわず、それから約半年後に、大手出版社などからゾクゾクと類書が出版されたのです。

©GUN-YOSHA 2021