『野菜の教え』(春・夏編、秋・冬編)が、厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財に選ばれました!

野菜の教え 春・夏編

令和2年度の「厚生労働省社会保障審議会推薦児童福祉文化財」に選ばれた「たべもの・食育絵本『野菜の教え』春・夏編、秋・冬編」。

野菜の教え 春・夏編
野菜の教え 春・夏編
野菜の教え 秋・冬編
野菜の教え 秋・冬編

児童福祉文化財とは、子どもたちの健やかな育ちに役立ててほしいと、絵本や児童図書等の出版物、演劇やミュージカルの舞台芸術、映画等の映像・メディアの3部門ごとに、厚生労働省社会保障審議会が優れた作品・公演などを「文化財」として毎年推薦を行うものです。
児童福祉文化財に推薦される絵本や児童図書は32作品。
今年度も「子どもたちに読んでほしい本」として、まもなくポスターなどにも掲載されるようです。

<推薦基準>
・児童に適当な文化財であって、児童の生活内容を豊かにすることにより児童を社会の健全な一員とするために積極的な効果をもつもの。
・児童福祉思想の啓発普及に積極的な効果をもつもの。
・児童の保育、指導、レクリエーション等に関する知識及び技術の普及に積極的な効果をもつもの。
(厚生労働省社会保障審議会ホームページより引用)

ちょっと固い表現ですが、詳しくは、厚生労働省社会保障審議会ホームページをご覧ください。

©GUN-YOSHA 2020